脊柱管狭窄症

こんな症状ありませんか??

  • 病院で脊柱管狭窄症と言われた
  • 長い距離続けて歩けない
  • 背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、ふとももや膝から下にしびれや痛みが出て歩きづらくなる。
  • すこし前かがみになったり、腰かけたりするとしびれが緩和される
  • 足の力が落ちたり、肛門周囲のほてりや尿の出が悪い、逆に尿漏れがある

ツライとですよね。でも、もう大丈夫です!当院にはあなたと同じような症状に苦しむ方が来院され快適な生活を取り戻しています。

一つでも該当する方はぜひ当院へ

脊柱管狭窄症とは?

※画像は脊柱管狭窄症です。

人の背骨の中に脊髄が収まっていますが、そこが何らかの影響で圧迫され狭まって足の痺れ、腰の痛み、血行障害など症状を起こす事を指します。特徴として長い時間歩けなくなり休み休み歩くようになります。

一般的な対処法とは?

整形外科では、症状の度合いによって対処が違ってきます。軽症なら電気、塗り薬、マッサージなどですが、回復が思わしくないと手術検討が入ります。個人的な意見ですが、近年手術が増えてきたかのように思います。

なぜ当院で回復するのか?

脊柱管狭窄症を多角的に診ていくから

MRI レントゲンなどで「脊柱管狭窄症」と言われても、それが決して正しいとは言い切れません。まず当院で検査する項目を挙げていきます。

  • 腰椎の圧迫骨折
  • 前方すべり症、
  • ヘルニア
  • 脊髄腫瘍
  • 脊柱管狭窄症と関連する脳のポイントを検出

私の日々の臨床から上記の事柄の影響から脊柱管狭窄症のような痛みや症状が出ている事が多いという事が分かりましたので、何故、あなたの今の病態を形成しているのかを徹底的に調べていき調整致します。脳から根本的に原因を改善していきますので再発しにくく頑丈で丈夫な身体へと向かっていきます。所詮は病名とは結果であり原因ではありません。ですから意気消沈して諦めないで下さい。当院では、改善例が多数あります。

上大岡周辺・港南区で、脊柱管狭窄症を脳から根本的に変える施術が出来るのは当院しかありません!

あなたの力になります!

まずは当院に一度お越し下さい

脊柱管狭窄症と診断されて来院される殆どの方が他の事が原因で脊柱管狭窄症「様」症状を訴えます。

まずは、そのツライ症状の変化を第一に治療して下さい。

調整後は毎回足の上げ下げ、歩行が変化してくるのを実感出来る事でしょう。

治らないと言われても諦めないで!