初めての方は必読!

どなたでも初めての治療院は不安ですよね?

  • ここの整骨院は私に合っているのかしら?
  • もうこれ以上苦しみたくない
  • どこへ行っても同じでしょう?
  • 無駄な時間やお金を使いたくない
  • 何年も我慢してたけど今からでも良くなるのかな?

初めまして。院長の横山です。この度はホームページをご覧頂きありがとうございます。

来院しスムーズに施術に入れるように、当院の施術方針や価値観などを来院前にご理解頂くのが最も良い方法と考えております。

一刻も早く回復して頂きたく為には、当院の施術方針、進め方、通院計画などを下記に記載してあります。どうか最後までお読み下さい。

症状は治る為に必要です!

これを聞いたあなたはどう思いましたか?「そんなわけないだろ!」「こんなにツライのに何を言ってるんだ!」「考えられない!」

こちらを見て頂いた方は、施術や自身の体を治すことに関心がある方だと思います。

最初に、症状とは何でしょうか?症状の意味とは?なぜ症状が起きるのでしょうか?症状=病気なのでしょうか?私の見解を述べさせて頂きます。

「症状」とは??

まず、自然な状態において回復困難になった状態が「病気」と当院では考えております。

その前に体は、SOS・救難信号として教えてくれるのが症状」です。セキュリティ装置を思い浮かべると分かりやすいと思います。

例えば・・ある建物でボヤが起きたとします。煙探知機はすぐに煙を察知し、発報して危険を知らせて速やかに鎮火を促しますよね?

症状」も同じで、何かしらの菌・ウイルス体に入ったら危険と察知します。菌・ウイルスが蔓延する可能性があるので「熱(症状)」を出してウイルスを退治させるようにするのが体の防御システムです。体が危険な状態にならぬよう守っています。

体の回復ができる状態にあるうちは・・・

「症状」が回復へ導くため生体防御反応として教えてくれます。

「症状」は悪いことではなく、あなたの体自身が「生体防御反応回復」への道しるべとして知らせてくれます。

症状やご自身の体を敵視するのではなく、「ああ~今私の身体は一生懸命働いてくれてるんだ!」とお考え下さい。

それが早く回復するコツです!

私は日ごろ数多くの患者さんを施術してて一つの疑問が生まれました。

・一気に回復する人

・ジワリジワリと回復する人

・ずっと横ばいで突然回復する人・・・

一体なのが違うのだろう?

ある日、ある事に気が付きました。

それは・・・患者さんが「正しい体の考え方」分からないんじゃないか!という事です。

施術を受ける前に、自分の体に対して「正しい考え方」を持っていないとお金と時間を無駄にするばかりです。

真剣に治りたい!治したい!双方の了解が取れた時にとても良い施術ができると当院では考えております。

自分の体は自分が回復させる!

↑↑↑↑↑↑↑

患者さんに欠けているのはここです!

病院、高額な薬剤、先生に診て貰えば回復するかもしれない!このツラさから逃れられるかもしれない!それは違います。

なぜならあなたの体を一番よく知っているのは「あなた自身」です。

回復へ導く薬はあなたの体の中から出てきます。

ヒポクラテスが言ったこんな言葉があります。

「人は自分の中に100人の名医がいる。」

つまり身体は治るように出来ている。回復する能力が備わっているという事です。

少しは院長からのメッセージとして届きましたでしょうか?

一回しかない大切な命を他人に委ねるのではなく自分で責任を持ち感謝して力強く生きていきましょう!

通院間隔の目安

・1「集中治療期間」

・2「安定・回復期間」

・3「メンテナンス期間」と3段階に分けてあります。

初回から数回は間隔を詰めて来院される事をご提案致します。初期が大切です。

例えば、飛行機が飛び立つ時に一番エネルギーを必要であることを思い浮かべて下さい。

体も同様に、今までの悪い状態から良い状態へ向かわせるためにエネルギーが多く必要になります。

最初に短期集中して効果の持続を目指します。今後は、痛みや症状が出る前に次の施術を受けて頂いた方が回復への近道だと考えております。

最後にメンテナンスをしてコンディションを整えて自らの能力をフルに発揮して毎日楽しみましょう!※初期は6回~10回はやや間隔を狭めて通院して下さい。

 

新脊椎調整法」の細かい説明はこちら

【※注意事項】当院に来られる患者さんへ

  1. 当院では携帯の電源を院内に入る前に必ずお切りください。 ※他の患者さんの施術に影響が出ますので厳守でお願いします。
  2. 金属ベルトの腕時計、貴金属アクセサリー(ネックレス、ピアス、ブレスレット等)を外して下さい。
  3. コルセット・サポーター・五本指ソックス・使い捨てカイロなど使用しないでください。
  4. 健康食品(サプリメント等)・ペットボトルや缶などの飲料・電子レンジ食品

※これらの事項は筋肉反射テストが電磁波や金属によりにより正確な検査が出来なくなる恐れがあるので厳守でお願いします。

守って頂けない場合こちらから施術をお断りする場合があります。